現在のページ:

工事契約に関する規程・通知(詳細)

文書本文キーワード:
通知名 工事における数量公開について
決定制定日 2007/09/19
最終改正日 2007/09/19
文書番号 19施施企第13号
文書本文
(最終改正)
工事における数量公開について

19施施企第13号 平成19年9月19日

大臣官房会計課長
大臣官房文教施設企画部長
国立教育政策研究所長
科学技術政策研究所長
日本学士院長
文化庁長官


文教施設企画部施設企画課契約情報室長


 標記については、工事に関する発注者の積算の透明性、客観性、妥当性の確保とともに、入札参加者等の積算、工事費内訳書作成の効率化に資するため、参考資料として数量書を入札参加者等に対し公開、提供することとし、その手続きを下記のとおり定めましたので通知します。
この通知は、平成19年10月1日以降に入札手続を開始する工事の請負契約について適用します。



1 対象工事
原則として、建設業法第2条別表第1の上欄に掲げる建設工事の建築一式工事、電気工事及び管工事のうち、予定価格が1億円以上の競争入札に付す工事を対象とする。
なお、対象外の工事も競争に付するものについては、積極的に数量公開を実施するものとする。

2 数量書の内容及び公開範囲
数量書は、予定価格のもととなる工事費内訳書から、単価及び金額等を削除するなどの加工・編集を施したものとし、原則として全数量を公開範囲とする。
また、工事費内訳書において、数量を一式としている項目の数量を記載した明細書についても、同様の扱いとする。
ただし、軽微なものや任意仮設に係わる数量を記載した明細書については除くものとする。

3 数量書の取扱い
数量書は、文部科学省発注工事請負等契約規則(平成13年1月6日文部科学省訓令第22号)別記第1号工事請負契約基準第1に定める設計図書ではなく、参考資料(参考数量)とする。

4 数量書の公開方法等
(一) 入札説明書等への明記について
@ 一般競争入札にあっては、入札説明書の「○ その他」に、次の事項を明記するものとする。
A 一般競争入札以外の入札にあっては、現場説明書の「○ その他」に、次の事項を明記するものとする。

【明記する事項】
(○) 本工事は、数量公開の対象工事であり、予定価格のもととなる工事費内訳書等から単価及び金額等を削除するなどの加工・編集を施したもの(以下「数量書」という。)を参考資料(参考数量)として公開、提供する。数量書は、見積を行うために必要な図面及び仕様書の交付と同時に公開し、その提供方法は入札説明書の交付と同様とする。
 この数量書に対する質問がある場合においては、次により提出するものとする。
なお、入札説明書等に対する質問書と数量書に対する質問書は区別して提出するものとする。
また、数量書に対する質問において、数量の差異等に係わる質問については、差異の根拠となる数量を算出した過程を示す資料も併せて提出するものとする。
@ 提出期間:平成○○年○○月○○日(○)から平成○○年○○月○○日(必着)まで。持参する場合は、上記期間の日曜日、土曜日及び祝日を除く毎日の○○時○○分から○○時○○分までに行うこと。
A 提出先:○○○○
B 提出方法:郵送(書留郵便に限る。)又は持参により提出するものとする。
C 回答書:数量書に対する質問書への回答書は、○○○により閲覧に供する。
(二) 公開時期及び提供方法
数量書の公開時期は、原則として見積りを行うために必要な図面及び仕様書の交付と同時とし、電子データ又は紙媒体により公開するものとする。
提供方法については、入札説明書の交付と同一の手法とする。数量書を提供するにあたっては、数量に直接関係のない内容は削除する等、不要なものを提供することのないよう留意し作成するものとする。
また、数量書を公開、提供するにあたり、数量書の取扱い、数量公開の範囲等を入札参加者等に対して明確に示すために、「数量公開の説明書」を同時に交付するものとする。
なお、「数量公開の説明書」については、別紙「数量公開の説明書(例)」を参考として作成するものとする。
(三) 数量書に対する質問等
@ 数量書に対する質問の提出及び質問に対する回答書の閲覧等の方法は、入札説明書の「入札説明書等に対する質問」と同様とする。
なお、数量書が参考資料(参考数量)であり、請負契約上の権利、義務を生じさせるものではないことから、入札説明書等に対する質問及び回答と数量書に対する質問及び回答は区別するものとする。
A 数量書に対する質問において、数量の差異等に係わる質問があった場合、差異の生じた原因を速やかに確認するものとする。
B Aの確認により、発注者側の数量の訂正が必要となった場合には、訂正した数量を回答するものとする。
また、発注者側の数量に誤りがないと判断できる場合には、当初のおりとする旨を回答するものとする。
担当 なし
参照URL1  
参照URL2  
参照URL3  
添付ファイル1 ZENTAI.pdf
添付ファイル2  
添付ファイル3  

※添付ファイルは別ウィンドウにて開きます。

ページトップへ戻る