現在のページ:

工事契約に関する規程・通知(詳細)

文書本文キーワード:
通知名 公共調達の適正化に向けた取り組みについて
決定制定日 2006/03/07
最終改正日 2006/03/07
文書番号 17文科会第865号
文書本文
(最終改正)
公共調達の適正化に向けた取り組みについて

17文科会第865号 平成18年3月7日

文部科学省大臣官房会計課長
文部科学省研究開発局長
国立教育政策研究所長
科学技術政策研究所長
日本学士院長
文化庁長官


会計課長
文教施設企画部長


 公共調達については、公共工事において入札談合事件の摘発が行われ、談合排除の徹底が求められているほか、随意契約において透明性・効率性の確保から問題があるとの指摘を踏まえ、平成18年2月24日に開催された「公共調達の適正化に関する関係省庁連絡会議」において、入札談合の排除を徹底するとともに、随意契約等の一層の適正化を図るため、別添のとおり「公共調達の適正化に向けた取り組みについて」が決定されましたので通知します。
 ついては、同決定に基づく公共工事における入札契約の改善及び随意契約等の適正化について、遺漏のないよう対応願います。
 なお、同決定中の「U随意契約の適正化」に係る事務処理の詳細については、別途連絡します。
担当 なし
参照URL1  
参照URL2  
参照URL3  
添付ファイル1 0018.pdf
添付ファイル2  
添付ファイル3  

※添付ファイルは別ウィンドウにて開きます。

ページトップへ戻る